道具にこだわって代々木でも快適なゴルフライフを過ごそう

クラブなどの道具やマナーにも気を配って代々木などで楽しむゴルフ

ゴルフクラブの比較

日本メーカーと外資メーカーのクラブではどちらが使いやすい?

日本メーカーと外資メーカーのゴルフクラブを比べてみると、日本メーカーの方が初心者には使いやすい傾向があります。というのも、日本人と欧米人では身長や体格に大きな差があるからです。日本メーカーは日本人をモデルにしたクラブを設計しているので、安心して使えます。一方、外資メーカーの欧米人をモデルに設計したクラブでは、初心者にとって大切な一歩である正しい姿勢が取りづらくなり、フォームが乱れやすくなるケースがあります。基本的なことはバッチリという方は、メーカーを問わず、代々木などで様々なクラブを試してみると良いでしょう。

日本メーカーと外資メーカーのゴルフクラブ、購入するならどちらがお得?

ゴルフショップなどを見ても分かる通り、日本メーカーのゴルフクラブは外資メーカーに比べて少なめです。日本メーカーのクラブは数年に一度ほどの頻度でモデルチェンジをしていますが、外資メーカーのクラブは年に一回以上と頻繁に新製品を発表しています。そのため、外資メーカーのさほど古くないモデルでも型落ちの商品となり、お得な価格での購入が可能です。代々木でも日本メーカーのクラブの場合は、外資メーカーほどの値下がりをすることはほとんどないといってよいでしょう。

道具へのこだわり

初心者が道具にこだわりたいというと、まだ何も分かってないのに生意気なという人もいるでしょう。でも、初心者だからこそ最初から使いやすい道具で基礎をきっちりと覚えることが大切なのです。ゴルフ道具をそろえるときには、上級者や道具のプロである代々木などの店員さんの意見に耳を傾け、実際に触って自分の手に馴染むものを購入するようにしましょう。また、戴き物のゴルフセットで始めた場合、グリップが硬くなって滑りやすい状態に劣化しているケースもあります。グリップの劣化は上達の大きな足かせになりかねないため、買い替えもしくはグリップの交換をしてから使うようにしましょう。

道具にこだわって代々木でも快適なゴルフライフを過ごそう

レディ

ラウンドデビュー前に知っておきたいこと

代々木などの練習場の打ちっぱなしから初めてラウンドに出るときに、最も気をつけなければならないのがマナーです。ゴルフは他のスポーツに比べて、少し厳しいマナーがあるので、事前に学んでおく必要があります。プレーしていく中で覚えていけば良いこともありますが、プレイするときの服装や持ち物などはしっかりと予習しておきましょう。

OBになった場合のカウント

代々木などの練習場で特訓している際は気にならなかったカウントも、ラウンドでは正確に計算しなければなりません。ティーショットでOBを出した場合、1打+1打(ペナルティ)となり、ティグラウンドからの打ち直しのショットは3打目となります。セカンドショット以降のOBの場合は、これまでの打数+1打(ペナルティ)となり、打った場所からの打ち直しとなります。初心者ほどOBは多くなりますが、カウントの仕方を間違って覚えている方も少なくないので、ゴルフのスコア用カウンターを携帯しておくと便利です。

空振りした際のカウント

ゴルフで空振りをしたときのカウントの仕方は至ってシンプルです。空振りも1打としてカウントするだけで、OBのように複雑に考える必要はありません。代々木の練習では空振りをしても気にせずに何回でも打ち直しができますが、ラウンドに出て空振りを連発すると、自分が恥ずかしいだけでなく、他の人の待ち時間を増やすことにつながります。1打ごとに集中してできるだけミスを少なくするように心がけましょう。

広告募集中